【離職率を下げる方法】従業員満足度調査でワークフロー改善しよう

経営を円滑に行うには

PC

会社に対する愛着度を調査

現在、従業員を雇用し会社などを経営している方は、従業員が会社に対しどの様な印象を持っているか、知る必要があります。近年は従業員を新規雇用しても、2年以内に早期退社してしまうケースが多く見られるという、調査結果が出ています。このため、経営者はスムーズな会社運営をするため、従業員の意識調査をする必要性があるでしょう。主に調査対象は、上司や部下などの人間関係や福利厚生などの満足度、会社への愛着度などが対象です。これらの調査を実施する事で社内の問題点をあらい出し、従業員満足度の向上につなげます。退社や雇用を繰り返す事で、優秀な人材が育たないなどの悩みを抱えている企業や会社は、従業員満足度を改善させる事で従業員の退社を減少させる事が可能です。また、仕事に対するモチベーションを上げる事にもつながりますので、生産性向上などにより業績アップも見込む事ができます。従業員満足度を図りたい場合は、コンサルティング会社に依頼するのがお勧めです。従業員満足度調査を行っているコンサルティング会社では、調査票やヒヤリング、インターネットアンケートなどを使い、従業員に対し満足度調査を実施します。この調査結果を参考にして問題点を改善したり、研修体制の見直しなどのアドバイスや指導を、会社などに対し実施します。多くのコンサルティング会社では従業員満足度調査を扱っているので、インターネットなどで複数の会社を比較検討し、良い会社で依頼すると良いです。