【離職率を下げる方法】従業員満足度調査でワークフロー改善しよう

従業員への意識調査

女性

満足度を高めるメリット

会社というのは多くの人が働くことによって成り立っています。しかし、会社に働く従業員のすべてが気持ちよく働いているかはわかりません。そこには仕事の負担量や人間関係などさまざまな理由によってモチベーションが変化し、そのモチベーションが低下すると作業効率の低下を招き最悪の場合には事故などの原因にもなります。このため従業員満足度を高める必要があります。従業員満足度とは、従業員の給料、福利厚生、職場環境、仕事に対するモチベーションなど総合的な会社に対する満足度のことです。従業員満足度を高める必要性としては、第一には仕事の満足度を高めることでモチベーション低下による損失を最小限にすることです。また少子高齢化社会により人材不足が懸念されます。慢性的な人材不足は企業を経営する上で極めて大きなリスクであり、その上で従業員満足度を高めることで求職者を増やすことやすでに働いている従業員の流出を抑えるといった効果を得ることができます。従業員満足度を高める方法はさまざまですが、ポイントとしては仕事と評価、働く条件と環境、会社へのロイヤリティーの3つです。もっともわかりやすいのが給与面の待遇ですが、いくら給与が良くても働く環境が悪ければモチベーションが低下します。このため働く環境を整えることが真っ先に従業員満足度を高めることができます。一方で忘れがちな重要性として将来性があります。このため、経営を安定させることも従業員満足度を高めるポイントになります。