【離職率を下げる方法】従業員満足度調査でワークフロー改善しよう

今度のアクションを明確に

バインダー

外部に依頼するメリット

現在各企業で人材不足が叫ばれている中で、欲しい人材を簡単に確保が出来ない時代となってきました。そこで、各社現在在籍している社員の従業員満足度を向上する動きが加速化しており、今度さらにその流れが加速すると言われています。従業員満足度は明確な調査とアンケートのもと、全社員に対して行う必要があり、社員数が多い企業となれば外部へ調査を委託する事で調査項目から、調査結果の分析、そして従業員満足度調査の結果を踏まえた今度もアクションを明確化しやすくなります。ここで注目すべき点としては、外部のコンサルティング会社をいくつか比較する事です。各コンサルティング業者によって、調査内容が異なったり、調査に関する質問項目が異なります。そして、料金体系も非常に複雑な場合もあれば、想像以上に安いケースもありますので、価格の面からも比較をお勧めします。従業員満足調査は一度だけでの実施ではなく、今度長期的に何度も開催し、前回の結果に対して今回はどうなっているのか、従業員の満足度は向上したのか、低下したのか、という視点が重要となります。そのため今度毎年実施するのであれば、同じコンサルティング会社へ依頼する事で、前回の結果を踏まえた調査内容を実施してもらえ、長期的に従業員満足度向上が見込める事でしょう。この様に外部のコンサルティング会社を通して、自社の社員の満足度を向上し、かつ今度退職者を減少させる方向へ繋げていきましょう。