【離職率を下げる方法】従業員満足度調査でワークフロー改善しよう

会社の総合力を高める

オフィス

会社の資産としての社員

人財という言葉もあるように、会社にとって社員は何よりの財産でありかけがえのない存在です。そのため、社員にとって会社や仕事がどんな存在なのか・どのような影響を与えているのかを正しく知ることは、会社の義務とも言えるでしょう。とはいえ、社員と上司の間で直接的な質問を行うのは難しいこともありますし、要望や不満を素直に伝えるのは社員側としても抵抗のあることです。こうしたニーズに応えてくれる存在が、従業員満足度の調査と言えるでしょう。従業員満足度調査はES調査などとも言われ、社員に対して様々な分野からの質問を行うことで、会社における考えや要望を幅広く理解できるというメリットがあります。従業員満足度調査の料金は対象となる社員の人数によって変わることがほとんどで、50人〜100人単位で区分されているケースが大半を占めます。社員100人を対象としている場合、初期費用や調査費用を含めるとおおよそ100,000円〜200,000円ほどになるでしょう。近年ではPCやタブレット、スマートフォンを使用しての質問・回答形式が多く見られますが、紙ベースで従業員満足度を調べる場合は追加費用が発生することもあります。追加費用の目安は30,000円〜100,000円ほどで、質問項目の数が多くなったり回答期間が長期に渡る場合は更に料金が上がることもあるでしょう。リサーチ会社によっては、テンプレート(質問項目が予め決まっている調査)であれば料金が抑えられることもありますが、より自社の内情を性格に知りたいのであれば、質問をカスタマイズする方が良いともいえます。