老化の促進

糖化することで老化が促進される

最近では糖化という現象がアンチエイジングの世界では注目されています。 糖化という現象は普段の生活の中で、甘いものを取りすぎてしまうことで起きてきます。 体内でとりすぎた糖分はタンパク質と結びつき結合します。 このような反応を糖化作用といいます。 糖化作用はタンパク質の正常な活動を妨げ、私たちの体に様々な悪影響を及ぼします。 糖化作用は様々な病気を悪化させてしまうことが知られており、糖尿病や心筋梗塞などの症状を加速させてしまいます。 また糖化作用は皮膚のたるみやしわの原因ともなっています。 若い時と比べコラーゲン組織は固くなりますが、これはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸など皮膚を作っているタンパク質が糖化することが原因と考えられています。 今、糖化現象は多くの研究者の研究対象となっています。 糖化は老化現象や病気の悪化などに大きな影響があると考えられているからです。 今後はますます糖化を遅らせる研究が加速するものと思われます。

抗糖化作用のあるサプリと日頃の食事

今、糖化を遅らせる抗糖化の研究は盛んに行われています。 その中で解ってきた事は、日常の生活の中で食事を工夫することで糖化を遅らせることができるという事です。 たとえば、ドクダミ茶やカモミールなどのお茶には強い抗糖化作用があることが知られています。 このように抗糖化作用のあるお茶を日常の食事にとりいれることで過剰な糖分の吸収を抑えることができます。 日常の食事のとり方にも工夫する方法があります。 食事の際は野菜や魚などを先に食べ、ごはんなどの炭水化物は最後に食べるようにします。 このような工夫をすることで体が糖化することを抑えることができます。 またサプリにも抗糖化作用の強いものが販売されています。 アルギニンは体内でタンパク質より先に糖分と反応するので抗糖化を目的としたサプリとしても注目を集めています。 老化や病気を未然に防ぐためには、まずは規則正しい生活を心がけることが大切です。それに加えてサプリを上手に利用するとよいのではないでしょうか。